ネクストモバイル(NEXTmobile) 公式サイトへ

NEXTmobaile(ネクストモバイル) 公式サイトへ

ネクストモバイル(NEXTmobile)はソフトバンクの回線を利用したWi-Fiルーターです。

ネクストモバイルには、

  • 持ち運べるモバイルルーター(ポケットWi-Fi)
  • 家に据え置くホームルーター

の2種類があります。

まずモバイルwifiルーターと言えば一般的にWiMAXを思い浮かべる人も多いと思います。

でも個人的には数あるモバイルルーターの中でもネクストモバイルはWiMAXに勝るとも劣らない最強モバイルルーターであると感じています。

モバイルルーターとホームルーターのスペックの違い

ネクストモバイル(NEXTmobil)にはの2種類の端末が存在します。

  • モバイルルーター(FS030W)

ネクストモバイル(NEXTmobile) モバイルルーター

  • ホームルーター(HT100LN)

ネクストモバイル(NEXTmobile) ホームルーター

基本的には、

  • 持ち運びする目的=モバイルルーター
  • 自宅で利用することが目的=ホームルーター

ということでOKです。

ですが・・・モバイルルーターとホームルーターのスペックを比較すると、モバイルルーターの方が圧倒的に機能が優れているため「外に持ち出す予定はない」という人でもモバイルルーターがおすすめです。

モバイルルーターとホームルーターの違い・メリットとは

ネクストモバイルのモバイルルーターとホームルーターの違い・メリットについてまとめました。

・・・同時にデメリットも分かってきます。

モバイルルーター(FS030W)のメリット

・プラチナバンド対応
・対応している周波数が多い
・USB・Bluetoothでも接続が可能となっています
・インターネットとの接続設定が自動で超簡単
・当然持ち運び可能

ホームルーター(HT100LN)のメリット

・電磁波対策VCCIクラスBが装備

こんな感じでホームルーター(HT100LN)がモバイルルーター(FS030W)より優れている点がほとんどありません。

モバイルルーター(FS030W)のメリット1「プラチナバンドを含め対応周波数が多い」

特にモバイルルーターはプラチナバンドを含め、対応している周波数帯が多いというのがかなり大きなメリットです。

対応周波数帯

モバイルルーター(FS030W)
・4GLTE:2.1GHz、1.7GHz、900MHz、1.5GHz
・3G:2.1GHz

ホームルーター(HT100LN)
・4GLTE:2.1GHz

と・・・周波数帯だけ見ても「どういうことだろう?」という感じかもしれませんが、簡単に言うとそれぞれの周波数帯には、

  • 伝送が速い
  • 障害物に弱い

等といった特徴があり、その1つに障害物に強いという周波数帯「プラチナバンド」というものがあるということとなります。

つまりプラチナバンドと呼ばれる周波数帯は900MHzとなり、

  • モバイルルーターは対応
  • ホームルーターは非対応

ということが分かります。

また快適な通信にはプラチナバンドに対応しているかだけでなく、対応している電波の数も需要です。

例えばですが、2.1GHz帯がとにかく混雑している状況となると通信速度は遅くなります。

が、他にも対応している周波数帯があれば空いている周波数帯を探して自動で接続してくれるというわけです。

しかし、2.1GHz帯にしか対応していないということになると、そこがどんなに混雑していても切り替えられる周波数帯が存在しないので通信速度は遅いままになってしまうのです。

ですので対応している周波数帯が多ければ多いほど、スムーズな通信が可能になるのです。

モバイルルーター(FS030W)のメリット2「インターネットとの接続設定が自動で超簡単」

ネクストモバイル(NEXTmobile) いんたーねっととの接続が自動

ホームルーターは届いてからAPNの初期設定(インターネットサーバーに接続する際に必要な設定)を自分でする必要があります。

が、モバイルルーターは本体にSIMカードを入れて、スマホやPCにWi-Fiのパスワードを入力するだけで使えるようになります。

ANP設定もほんの数分でできることなのでモバイルルーターもホームルーターも手元に届いたらすぐに使えるという点では変わらないのですが・・・モバイルルーターの方が圧倒的に簡単となっています。

モバイルルーター(FS030W)のメリット3「USB・Bluetoothでも接続可能」

ホームルーターの接続方法はWi-Fiと有線LANになりますが、モバイルルーターはWi-Fiと有線LAN(別売のグレードル使用)に加え、USBとBluetoothでの接続も可能となります。

もしもWi-Fiに対応していないパソコンであっても、モバイルルーターであればUSBケーブルでの接続が可能ですし、Bluetoothの方がWi-Fiに比べて消費電力が少ないため、外出先などでバッテリーの消費を抑えたいという時にも役立ちますね。

ホームルーター(HT100LN)のメリット1「VCCIクラスBが装備されている」

私が考えるネクストモバイルのホームルーター(HT100LN)が唯一優れていると思われる点となるのが、VCCIクラスBが装備されているということところとなります。

※VCCIとは電子機器自身が放射する電磁波をある一定以下のレベルに抑えることで取得できる規格のことで、クラスAとクラスBがあり、クラスBは家庭や自宅環境で使用する機器に使用される規格のことです。

まとめ

ネクストモバイルの機種端末は2種類ありますが、1種類と言っても過言ではないかもしれません・・・。

機種端末選びで迷う必要がないと考えればそれもメリットかもしれませんね^^;

ちなみにそれぞれの同時接続台数は、

  • モバイルルーター(FS030W)
    Wi-Fi同時接続台数:15台
    Bluetooth:5台
    USB:1台

  • ホームルーター(HT100LN)
    Wi-Fi同時接続台数:10台
    優先LAN:1台

となっています。

ネクストモバイル(NEXTmobil)の詳細をcheckする